ネットワークカメラ比較

ネットワークカメラの比較と選び方のポイント

皆さんは世間で注目されている「ネットワークカメラ」を活用していますか?
専用のスマホアプリを使えば、24時間監視カメラのように使える印象があるネットワークカメラですが、
それだけでなく、乳幼児やお年寄りの見守り用としても使えるなど、
最近は低価格で購入でき、防犯、留守番などのたくさんの利用方法があるため、
今では多くの家庭でネットワークカメラは導入されているのです。
ネットワークカメラの使い方は、電源につなぎ、無線LANに接続するだけなので、とても簡単です。
録画用のケーブルの配線やハードディスクの設置なども必要なく、
スマホがあれば、好きな時に好きな場所で映像をライブで見ることができます。
クラウド保存に対応しているネットワークカメラはクラウド保存に対応してるため、ネットワークカメラが非常にオススメです。
仮に犯人にカメラを壊されたとしても、データはオンライン上に保管されていますので、犯罪や嫌がらせの証拠を取るのには最適です。
また、双方向で音声による通話が出来る機種が多数発売されているので、外出先からペットに話しかけるといった事も行えます。
小さな子どもやペットを自宅に残して出かけるので心配という場合や、
遠隔地にひとりで住んでいる親を見守ることもできますし、
いつでも離れていてもスマホ一つで守りたいものを見守ることができるというのが、ネットワークカメラの魅力です。
ネットワークカメラには様々な種類がありますが、「動体検知撮影」「画素数」「視野角」「フレームレート」を購入時にチェックしましょう。
画素数は高画素なほど、動画の画質が繊細で高画質になります。
フレームレートの機能が高いと、早い動きをする被写体もブレずにはっきと撮ることができるので、
動くもの(自転車・自動車・走っている人など)の撮影をする場合は、fpsの値が高い機種を選ぶとよいでしょう。
固定式や可動式のネットワークカメラがありますので、カメラの向きをアプリを通して遠隔で操作したいのであれば、可動式の物を購入する必要があります。
カメラの向きをスマホから遠隔操作する必要がある場合は、パン(横振り機能)・チルト(縦振り機能)対応のカメラを選ぶ必要があります。
人やペットの動きを検知し、自動で画角を変更してくれる動体検知自動録画機能対応のネットワークカメラがとても便利です。
家の玄関や庭に、動体検知できるカメラを設置しておけば、人や動物が来たときにだけ録画してくれます。
動体検知機能のあるネットワークカメラを利用すると、
動きを見つけ反応したと同時にスマホへアラートを送ることもでき、防犯用としては通常の防犯カメラより優秀と言えるでしょう。
夜間撮影にも適した赤外線ライト搭載のネットワークカメラも数多く販売されており、
暗闇に乗じて侵入してくる空き巣の被害だって防ぐことができるのです。
大変優秀な機能がたくさんあるネットワークカメラですが、お値段は3000円程度から購入できるものもあり、ネット回線が通っていれば使えるので、
車や自転車へのいたずらや盗難の対策、空き巣被害対策、ゴミ捨てのマナーを守らない者の特定、嫌がらせ犯の特定やストーカーの特定など、
様々な場面でネットワークカメラは活躍することができます!
PanasonicやIO-DATA機器やPLANEXやサンワサプライなどといったパソコン機器や家電製品の周辺機器で知られるメーカーから多彩な機種が発売されていますので、用途に合った物を選べます。

ネットワークカメラ比較は以下のワードでも検索されてます

ネットワークカメラ google drive ネットワークカメラ 2020年 ネットワークカメラ 用語集 dbpower ネットワークカメラ 720p ネットワークカメラ ペットカメラ 無線lan対応 ネットワークカメラ lan接続 ネットワークカメラ パスワード ネットワークカメラ hikvision ネットワークカメラ 360eye ネットワークカメラ 200万画素 ネットワークカメラ 1536p ネットワークカメラ モニタリングユニット ネットワークカメラ 見守り ネットワークカメラ バージョンアップ アナログカメラ ネットワークカメラ 変換 ネットワークカメラ パソコン 接続 ネットワークカメラ 用語 ネットワークカメラ yatwin wifi ネットワークカメラ pcで見る wansview ネットワークカメラ セキュリティ